2009年03月24日

開けてびっくり 手抜き電気工事?

今朝いつもメンテをさせて頂いているビルのオーナーから
相談の電話が入りました。
内容は,1件入居したばかりの入居者から、台所のコンセントが
使えないとの連絡が不動産屋へ入り見に行ったが分からないので
見て欲しいとの連絡でした。ここで疑問が,この不動産屋さん
元々電気屋さんから始まり増改築を始めて不動産業に乗り出した
所なのに見て分からないとはexclamation&question

夕方に電気工事会社を経営している友人と伺い調査を始める。
確かにコンセントには微量の電気しか来ていない,二人で
手分けして他のコンセントやスイッチを開けてみるが、問題無し
分電盤を開けてみても問題無し。
浴室の点検口から台所の天井をのぞき、配線の内容を場所を確認し
オーナーに許可を得て、台所の天井を開口することに

開口すると結構汚れるので床に確り養生をし、天井の下地の
状況を確認して、軽天(下地)をさけて真四角に印を付けるペン

開口して見てびっくり、絶縁テープを剥して見ると(写真)
の通りとまっていない、そしてもう一つ巻いてある、
非常に危ない状況でした。どんっ(衝撃)

FinePix Viewer.jpg

今日は、電源側(黒)と接地側(白)両方安全で確実につなぎ
直しました。わーい(嬉しい顔)

同じ建物で1週間後に入居予定の空き家が有るので、
確認も含めて、つなぎ直しをする提案をしたところ、
良い提案をして頂いたと,喜んで頂きました。
ありがたい〜
posted by いくちゃん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27845854

この記事へのトラックバック