2011年06月26日

フローリングの修理は、木目書きまで(^_-)-☆

安芸区矢野でフローリングの修理を行いました
フローリングは合板で出来ていますので、
このような剥れる事は良く有ります。

先ずは、下準備で木材を細長く切り
少しづつ、カッターナイフで削っていく
集中しながら少しづつ「溝に合わせ・
削る」を繰り返しながら削りました。

ここからは専門道具を使い、調色して
埋めて平らにして、木目を書いて終了

木目書き一つで随分違うので、全体の
イメージを見極めて、今回は細く
数多く書いて合わせました。

今日も良い仕事が出来ました(^_-)-☆

P6266733.JPG
フローリングの表面が剥れています。

P6266734.JPG
修理の為に、溝と同じ太さと角度に木を削り下準備

P6266739.JPG
出来上がり(^_-)-☆
下準備と木目の復元が大変でした
posted by いくちゃん at 19:20| Comment(0) | 小修繕
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]